スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥーラというサービス

無痛分娩の普及しているアメリカの病院でも、最近の傾向として、局所麻酔による鎮痛方法以外にも分娩中の入浴、シャワー浴やバースボールを使ったリラックス法、ドゥーラを活用する方法などを取り入れるようになってきています。
これは陣痛をやわらげる方法の選択肢を増やして欲しいという産婦の要求に応えるためです。

上記にある「ドゥーラ」は、分娩経過中に産婦のさまざまなお世話をする人で、日本ではまだ一般的ではありません。
ドゥーラとは、出産サポート訓練を受け、経験を積んだ分娩付添人です。
中には看護師としての訓練を受けている人もいますが、たいていは医療的な訓練は受けていないため、医療面でのアドバイスや出産の介助は行ないません。
産婦さんの傍から離れることなく、分娩中の介護や精神的なサポートをしてくれます。
ドゥーラと妊婦さんは、出産予定日より前に何回か会う機会を設け、親しくなり、出産に関する相談に乗ったり、バースプランを立てるお手伝いをしてくれることもあります。
そのため、いざ陣痛が始まっても、その時には互いによく知った仲になっているため、産婦さんは安心して出産に臨めるのです。
何となく、自然分娩の際にお世話になるように感じるかもしれませんが、ドゥーラは自然分娩に限らず、無痛分娩を選択した場合にも、精神的、実務的な支援をしてくれます。

アメリカでは核家族化が進み、身近に分娩中に付き添って支えてくれる人が少なくなったために、このようなサービスが必要とされうまれたのかもしれません。
日本でも里帰り出産が難しい産婦さんなどの支えになるために、このようなサービスが普及するといいですね。

スポンサーサイト

アメリカの産婦さん

アメリカでは、無痛分娩が非常に普及しており、6割以上の赤ちゃんが無痛分娩によって生まれてきます。
産婦さんがわざわざリクエストしない限り、当たり前のように無痛分娩のための局所麻酔が行なわれます。
そのため、ほとんどの産婦さんが医学的な無痛分娩を受けるために「病院」で出産をします。
「病院」では、緊急事態が起きた場合にすぐ対応できる設備やスタッフが揃っていること、ハイリスク産婦の分娩に対応できること、などのメリットがあります。
デメリットとしては、出産時の立会いに制約があること、点滴やモニターリングが行なわれるため分娩中の歩行などが制限されること、などがあります。

またアメリカでも病院以外で赤ちゃんが産める場所として「助産院」があります。
「助産院」では家庭的な雰囲気で、家族に囲まれて出産ができること、薬剤に頼らず自然な分娩を行なえることなどのメリットがあります。
しかし、麻酔を使った無痛分娩には対応していません。
そのため耐えられないほどの陣痛があって麻酔を受けたいと感じても対応してもらえないというデメリットがあります。

アメリカでは病院での出産が一般的である中、自然分娩を志す産婦さんのために、後から「助産院」が設立されました。
これに対して日本では助産院での出産が一般的であったので、アメリカとは逆になります。

分娩をする施設を選択することは、産婦さんが最初に行なう大切な決断です。
日本ではまだ、アメリカに比べ無痛分娩が十分に普及していないため、無痛分娩を希望する産婦さんは、対応している病院を探すのに少し苦労が必要になるかもしれません。

硬膜外麻酔の副作用 吐き気

現在行なわれている無痛分娩は、多くが硬膜外麻酔法です。
「麻酔」は無痛分娩のような出産の場面に限らず、その他の手術や歯の治療などにも使われています。
麻酔を受けた人で、その後に吐き気をもよおした経験のある人もいるのではないでしょうか。
麻酔薬と吐き気はどのように関係しているのでしょうか。

無痛分娩に用いる硬膜外麻酔法では、麻酔法を開始して30分以内の早い時期は血圧が変動しやすく、この時期に血圧が低下すると吐き気が起こりやすいと言えます。
このとき、首の後ろにある脳の一部分の酸素濃度が低下すると、吐き気の症状が助長されます。
逆に言うと、多少血圧が下がっても、酸素が上手に脳まで届いている場合は、吐き気が起こることは少ないといえます。

しかし単純に、薬の量が少ないほど吐き気の症状が少ないというわけではないようです。
薬による鎮痛効果が十分でないときに子宮収縮がおきると、それが誘発となって吐き気を引き起こしたり、分娩にネガティブなイメージを持っていて不安が強い産婦さんでは、分娩すること自体が原因となって吐き気を催すこともあるからです。
また、分娩中の水分摂取が足りない場合や低血糖状態も吐き気を助長します。
子宮の下部が伸ばされると反射によって嘔吐が起こりやすい、とも言われています。
このように自然分娩の場合でも、陣痛のために時々吐き気が起こることがあるのです。
つまり、分娩時の吐き気は麻酔薬の副作用によるものなのか、それ以外なのかは識別するのが難しいのです。
仮に麻酔薬が原因の場合も、一度吐いてしまうとらくになります。
そして分娩後それほど長く続きませんので、その後の育児に影響が及ぶ心配もないといえるでしょう。

硬膜外麻酔による合併症

麻酔薬を用いた無痛分娩といえば、硬膜外麻酔法が主流となっています。
これは、腰椎の中にある硬膜外腔というスペースに細い管を入れ、麻酔薬を注入する方法です。

この方法を行なうにあたって重大な問題が生じることは稀ですが、針を進める際に誤って硬膜外腔の奥にある袋を傷つけてしまった場合、偶発的硬膜穿刺といって、いくつかの影響が出ることがあります。
もしそれに気付かず麻酔薬が投与された場合、脊髄全体にまで麻酔の効果が及び、呼吸が苦しく感じることがあります。
また、麻酔薬が血管内に入ってしまった場合、めまいや耳鳴りを起こすか、さらに希ですが重症の場合には、呼吸循環不全を起こすことがありえます。
このような合併症が出た場合、早急な処置が必要となりますが、適切な処置をすれば命に別状はなく、後遺症もほとんど残りません。

ほかには「脊髄くも膜下麻酔後頭痛」といわれるものがあります。
麻酔後、数時間して起き上がろうとすると、激しい頭痛に見舞われます。
特徴的なのは、安静に寝ている時はそれほどでもないのですが、急に体を起こすと頭痛がひどくなることです。

それ以外に、体の姿勢とは関係なく起こる頭痛もありますが、これは脊髄くも膜下麻酔後頭痛に比べ症状は軽い場合がほとんどです。
また、硬膜外麻酔による無痛分娩を行なわなくても、出産を終えて家に帰ってみると頭が痛いという人は同じくらいの確立でいるそうです。
こうしてみると、頭痛に関しては、かならずしも硬膜外麻酔のせいばかりとはいえないようです。

陰部神経ブロック

陣痛の痛みというのは、よく「痛みが段々下がってくる」と言われるように、その分娩段階によって場所が移動します。
その移動する痛みを、脊髄の近くではなく、離れたところに局所麻酔薬を注入して痛みを止めるというのはあまり効率的ではありません。
(硬膜外麻酔も広い意味での局所麻酔ですが…)
しかし硬膜外麻酔法を用いた無痛分娩が行なえない産婦さん(禁忌症例など)や、脊髄の近くに麻酔薬を入れることに恐怖感を持つ産婦さんで、それでも他の方法で少しでも痛みを止めたいという場合には、陰部神経ブロックという方法があります。

陰部神経ブロックは、産婦さんが分娩台に乗った状態で、産科医が膣と肛門の間に分布する神経に皮膚から局所麻酔薬を注射する方法です。
とても痛そうな処置のように聞こえますが、陣痛の最中のためか、実際はそうでもないようです。
これにより、娩出時の痛みや会陰切開の痛みがやわらぎます。
陰部神経ブロックは、子宮の中の知覚神経に作用するわけではないので、子宮収縮による痛みを緩和することはなく、膣や直腸付近の感覚を麻痺させるだけです。
そのため、効果を示すのは分娩の後期だけですが、硬膜外麻酔による無痛分娩のように「力が入らず、いきむのが難しい」ということはありません。
また、あまり多くは行なわれませんが、分娩前半の子宮口が開くまでの間の痛みに対して、傍頸管ブロックという方法もあります。
こちらは、子宮の出口外側の部分に数箇所、膣の内部から局所麻酔薬を注射します。

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。