スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑気ガスによる無痛分娩

笑気ガスとは「亜酸化窒素」のことです。
亜酸化窒素は味もにおいもないガスで、通常は酸素と混合されていて、マウスピースなどを通して吸入します。
イギリスでは分娩時の痛みをコントロールする無痛分娩の方法として笑気ガスの吸入が人気だそうです。
これに対してアメリカでは、笑気ガスは歯医者でよく使用されているものの、分娩時の鎮痛処置としてはそれほど普及していないようです。

そもそも笑気ガスとは吸入することにより陽気になることから、19世紀ごろの学生達の間でパーティーグッズとして使用されていました。
その際に足をぶつけた学生が、痛がらずに笑っていたことから鎮痛作用が発見されたそうです。
しかし、笑気ガスが痛みを軽減する正確な仕組みはまだ明らかになっていません。

処置の方法としては、フェイスマスクやマウスピースを通してガスを吸入します。
笑気ガスの効果を得るためには、マスクを顔にあて、次の収縮が始まるまで深く息を吸います。
ガスが有効に働くまでに30秒~60秒くらいかかります。
そのため、次の収縮を感じ始めた瞬間に吸入のタイミングを合わせるとよいです。
笑気ガスの作用は、痛みと同時に幸福を感じる不思議な感覚と言われます。
ですからガスを吸っても痛みが残る場合があるのですが、ガスのおかげで痛みを苦痛と感じなくなるのでしょう。

笑気ガスによる無痛分娩の母体への副作用として、吐き気を催すことがあります。
赤ちゃんへの臨床的な副作用は、今のところわかっていません。

スポンサーサイト

麻薬性鎮痛薬の点滴・注射による無痛分娩

無痛分娩の主流は「硬膜外麻酔法」ですが、硬膜外麻酔が受けられない医学的な理由がある場合などに、陣痛の痛みをやわらげる無痛分娩の方法として、鎮痛薬の点滴や注射を行なう場合があります。
分娩時に使用される麻薬性鎮痛薬は、たいてい痛みを完全に除去するわけではありませんが、これによって、産婦さんの快適さは改善されます。

投与方法は、多くの場合、産婦さんは水分補給のために腕の静脈か手の甲から点滴が行なわれているので、点滴の管から鎮痛薬を投与します。
点滴をしていない場合は、腕か大腿、あるいはお尻の筋肉に注射をします。
点滴の場合は、薬を投与してから5分くらいで効果があらわれますが、筋肉注射では効き目がすぐにあらわれず、十分に効果があらわれるのに45分くらいかかります。

分娩中によく用いられるのは、オピスタン、モルヒネ、フェンタネスト、スタドールなどの鎮痛薬です。
これらの薬が、母体や胎児にどのような影響を与えるのかは、使用される薬の種類や量、投与のタイミングによって異なります。
母体には、薬の効果が切れるまで、めまい、吐き気、呼吸抑制、かゆみ、排尿困難といった症状が見られる場合があります。
また薬の種類によって、出産後2日間ほど便秘がちになることもあります。
胎児に対する影響は、出産の直前に投与された場合に顕著になります。
それは、胎児が薬を代謝するための十分な時間がないからです。
薬の量が多かったり、投与されたタイミングが出産の時期に近かったりすると、赤ちゃんが呼吸抑制を起こす可能性もあります。
その場合は、麻薬性鎮痛薬の影響を消すためのナルカンという薬を、赤ちゃんに投与します。

出産費用について

妊娠がわかったその日から、お腹の中の赤ちゃんのこと、生まれてからの生活のこと、自分が母親になるということ、毎日が不安と期待と喜びでいっぱいだと思います。
日に日に大きくなるお腹に向かって「早く会いたいね」と話しかける新米お母さんの姿は、とても温かいものです。
しかし「いざ出産」となると、赤ちゃんに会える喜びと同時に「出産費用を用意しておかないと…」というシビアな現実が待っているのです。

実際に出産費用はどれくらいかかるのでしょうか。
一般的に、出産は病気ではないため、たとえ病院に通院していても、健康保険の適応にはなりません。
合併症があって治療をしたり、帝王切開になったりした場合は健康保険の適応が生じてきます。
無痛分娩の場合は、普通分娩の分娩費にプラスされて費用がかかります。

プラスされる費用は、「計画無痛分娩で前日から入院し、いくつかの処置がなされるのか」「それとも陣痛を待って無痛分娩を行なうのか」「またどの麻酔薬を使うのか」「どの器具を使うのか」「麻酔科医がいるのか」「スタッフは何人いるのか」などで変わってきます。
また、個室か相部屋か、LDRを使用するかなどでも費用は変わってきます。
LDRとは、陣痛室と分娩室の機能を一つにまとめた部屋で、この部屋ではベッドが分娩台に変わるため、陣痛が激しい時期に歩いて移動する必要がありません。

無痛分娩で出産した場合にプラスされる費用は、1~2万円の病院から20万円程の病院もあるので、基準がないのが現状です。
各病院のホームページにおおよその費用が掲載されているところもあるので、調べてみると参考になると思います。

いろいろな分娩法

産院によっては、「無痛分娩」と「和痛分娩」という言葉を使い分けて表しているところがあります。
そのような産院では、主に麻酔薬を使って陣痛の痛みを抑える分娩法を無痛分娩と呼び、産婦さんができるだけリラックスすることで出産の痛みをやわらげる分娩法(代替医療)を和痛分娩と呼んでいます。

無痛分娩は硬膜外鎮痛法など、局所麻酔薬や麻薬性鎮痛薬を使って痛みをとる方法です。
和痛分娩には、妊娠中から呼吸法やリラックス法をトレーニングして陣痛の痛みをやわらげるラマーズ法があります。
また、中国の気功を取り入れたリーブ法、心と体を訓練することで、心身の安定を得るという禅やヨガの考えに基づくソフロロジーがあります。
その他、水中出産という方法もあり、これはおふろやぬるま湯をはったプールで出産する方法で、水浮力によって体の緊張をほぐし、リラックスした状態で出産できるというメリットがあります。

無痛分娩、和痛分娩とは別の分娩法として帝王切開がありますが、これは経膣分娩が不可能で母子に危険がある場合のみに、医師の診断によって行われます。

また、分娩法は計画分娩と自然分娩という分け方もできます。
計画分娩は、陣痛促進剤などを用いて人工的に陣痛を起こす分娩法で、それに対し自然分娩は薬などを使わずに自然に陣痛が来るのを待ちます。

これから出産を迎える産婦さんは、いいお産をするために、自分で納得のいく方法を選んでほしいと思います。
取り入れている分娩法は病院によって違うので、どのようなお産ができるのか、産院に質問してみてください。
ただし、帝王切開は医学的な必要性があってするものなので、産婦さんが希望してできるものではありません。

麻酔でお産が伸びる?

硬膜外鎮痛法が麻酔による無痛分娩に有効であることがわかった当初は、痛みを取り除くために、がっちりと麻酔を行なうことが、「無痛で産みたい」と望む妊婦さんの要望に応えるものでした。
ところが、手術に使うようながっちりとした麻酔を分娩のきわめて早い時期から行なうと、分娩に要する時間が延びる可能性もありました。
このがっちりとした深い麻酔は、濃度の濃い局所麻酔を大量に使います。
薬を大量に入れて広範囲の神経をブロックすると、子宮の収縮にも麻酔が効いてしまって弱くなります。
しかし、子宮の収縮を伝える神経は、陣痛を伝える神経より薬に抵抗を示すため、薄い濃度では陣痛だけが軽減され子宮の収縮はあまり影響されません。
硬膜外鎮痛法による無痛分娩が世の中で始まった当初は、濃度の濃い薬を使用していたので、陣痛とともに子宮収縮も弱くなっていたのです。

最近では、局所麻酔薬そのものの濃度も、薄いものを用いても痛みがとれることがわかってきました。
さらに、局所麻酔薬に麻薬を加えることで、局所麻酔薬自体の濃度を下げ、鎮痛効果を維持、改善できることがわかってきました。
したがって、硬膜外麻酔を使うことによって分娩時間が延びる可能性は、ほとんどなくなったといってよいでしょう。

しかし、このような必要最小限の薬を使うためには、産婦さん側の理解も必要となります。
特に「無痛分娩」だからと、まったく感覚がなくスルッと生まれると思い込んでいる産婦さんの場合、子宮の収縮を感じるからといって、もっと麻酔を効かせて欲しいと言われることもあります。
現在の麻酔薬の使用法では、自分の感覚はなるべく残します。
子宮の収縮を自分で感じ、なるべく自分でいきんで赤ちゃんを産んでもらうのです。

01 | 2009/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。