スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬膜外麻酔の副作用 吐き気

現在行なわれている無痛分娩は、多くが硬膜外麻酔法です。
「麻酔」は無痛分娩のような出産の場面に限らず、その他の手術や歯の治療などにも使われています。
麻酔を受けた人で、その後に吐き気をもよおした経験のある人もいるのではないでしょうか。
麻酔薬と吐き気はどのように関係しているのでしょうか。

無痛分娩に用いる硬膜外麻酔法では、麻酔法を開始して30分以内の早い時期は血圧が変動しやすく、この時期に血圧が低下すると吐き気が起こりやすいと言えます。
このとき、首の後ろにある脳の一部分の酸素濃度が低下すると、吐き気の症状が助長されます。
逆に言うと、多少血圧が下がっても、酸素が上手に脳まで届いている場合は、吐き気が起こることは少ないといえます。

しかし単純に、薬の量が少ないほど吐き気の症状が少ないというわけではないようです。
薬による鎮痛効果が十分でないときに子宮収縮がおきると、それが誘発となって吐き気を引き起こしたり、分娩にネガティブなイメージを持っていて不安が強い産婦さんでは、分娩すること自体が原因となって吐き気を催すこともあるからです。
また、分娩中の水分摂取が足りない場合や低血糖状態も吐き気を助長します。
子宮の下部が伸ばされると反射によって嘔吐が起こりやすい、とも言われています。
このように自然分娩の場合でも、陣痛のために時々吐き気が起こることがあるのです。
つまり、分娩時の吐き気は麻酔薬の副作用によるものなのか、それ以外なのかは識別するのが難しいのです。
仮に麻酔薬が原因の場合も、一度吐いてしまうとらくになります。
そして分娩後それほど長く続きませんので、その後の育児に影響が及ぶ心配もないといえるでしょう。

スポンサーサイト

硬膜外麻酔による合併症

麻酔薬を用いた無痛分娩といえば、硬膜外麻酔法が主流となっています。
これは、腰椎の中にある硬膜外腔というスペースに細い管を入れ、麻酔薬を注入する方法です。

この方法を行なうにあたって重大な問題が生じることは稀ですが、針を進める際に誤って硬膜外腔の奥にある袋を傷つけてしまった場合、偶発的硬膜穿刺といって、いくつかの影響が出ることがあります。
もしそれに気付かず麻酔薬が投与された場合、脊髄全体にまで麻酔の効果が及び、呼吸が苦しく感じることがあります。
また、麻酔薬が血管内に入ってしまった場合、めまいや耳鳴りを起こすか、さらに希ですが重症の場合には、呼吸循環不全を起こすことがありえます。
このような合併症が出た場合、早急な処置が必要となりますが、適切な処置をすれば命に別状はなく、後遺症もほとんど残りません。

ほかには「脊髄くも膜下麻酔後頭痛」といわれるものがあります。
麻酔後、数時間して起き上がろうとすると、激しい頭痛に見舞われます。
特徴的なのは、安静に寝ている時はそれほどでもないのですが、急に体を起こすと頭痛がひどくなることです。

それ以外に、体の姿勢とは関係なく起こる頭痛もありますが、これは脊髄くも膜下麻酔後頭痛に比べ症状は軽い場合がほとんどです。
また、硬膜外麻酔による無痛分娩を行なわなくても、出産を終えて家に帰ってみると頭が痛いという人は同じくらいの確立でいるそうです。
こうしてみると、頭痛に関しては、かならずしも硬膜外麻酔のせいばかりとはいえないようです。

陰部神経ブロック

陣痛の痛みというのは、よく「痛みが段々下がってくる」と言われるように、その分娩段階によって場所が移動します。
その移動する痛みを、脊髄の近くではなく、離れたところに局所麻酔薬を注入して痛みを止めるというのはあまり効率的ではありません。
(硬膜外麻酔も広い意味での局所麻酔ですが…)
しかし硬膜外麻酔法を用いた無痛分娩が行なえない産婦さん(禁忌症例など)や、脊髄の近くに麻酔薬を入れることに恐怖感を持つ産婦さんで、それでも他の方法で少しでも痛みを止めたいという場合には、陰部神経ブロックという方法があります。

陰部神経ブロックは、産婦さんが分娩台に乗った状態で、産科医が膣と肛門の間に分布する神経に皮膚から局所麻酔薬を注射する方法です。
とても痛そうな処置のように聞こえますが、陣痛の最中のためか、実際はそうでもないようです。
これにより、娩出時の痛みや会陰切開の痛みがやわらぎます。
陰部神経ブロックは、子宮の中の知覚神経に作用するわけではないので、子宮収縮による痛みを緩和することはなく、膣や直腸付近の感覚を麻痺させるだけです。
そのため、効果を示すのは分娩の後期だけですが、硬膜外麻酔による無痛分娩のように「力が入らず、いきむのが難しい」ということはありません。
また、あまり多くは行なわれませんが、分娩前半の子宮口が開くまでの間の痛みに対して、傍頸管ブロックという方法もあります。
こちらは、子宮の出口外側の部分に数箇所、膣の内部から局所麻酔薬を注射します。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の治療

現在の無痛分娩の主流は、麻酔薬を用いた硬膜外鎮痛法です。
この硬膜外鎮痛法が、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を抱える産婦さんにとって、分娩時だけでなく妊娠中の治療としても有用であるということが報告されているそうです。

妊娠高血圧症候群とは、高血圧を主体として、蛋白尿やむくみを伴う全身性の疾患です。
この疾患を抱える産婦さんでは、赤ちゃんへの血液を送る血管である臍帯が細くなっているため、妊娠中の赤ちゃんの発育が悪くなることが多いです。
硬膜外鎮痛法による無痛分娩では、このような場合に、血圧に影響の出ない程度の少量の麻酔薬で鎮痛を行なうだけで、子宮への血流を含めた内蔵の血流を保つことができるのです。
これをの妊娠高血圧症候群の治療に使う場合、妊娠の半ばから終わりにかけて、つまりまだ陣痛も始まっていない時期に、硬膜外鎮痛法のための細い管(カテーテル)を背中から入れ、麻酔分娩で用いるよりずっと少ない量の局所麻酔薬を1~2週間にわたり少しずつ入れ続けます。
こうすることで高血圧が改善し、病的に低下していた血小板の数が正常になり、赤ちゃんの発育にも改善がみられる、というのです。
数週間の間、体の中に麻酔薬が入ると思うと心配でしょうが、入れるところはあくまで神経組織のまわりで、血管の中ではありません。
今までのところ、この治療による赤ちゃんへの悪影響はみられていないようです。

この新しい治療法に期待が持たれていますが、しかしながら、血圧をコントロールできたとしても妊娠高血圧症候群の病態をする改善には限界があることも理解しなくてはいけません。
また、カルシウムを積極的に摂ったり、海草、野菜、魚などをバランスよく食べるなど、食生活にも気を配り、妊娠高血圧症候群の予防に努めることも大切です。

麻酔薬による無痛分娩が医学的に勧められる症例

最近、もともと心疾患や糖尿病などの病気を抱えている産婦さんや、妊娠中毒症などの産婦さんにも、医学的適応から、麻酔薬による「無痛分娩」を勧める場合があります。

分娩が進んでお腹が痛んでくると、血液中にカテコラミンという物質(痛みというストレス時に発生)が増え、脈が速くなり、血圧が上昇します。
さらに子宮の収縮時には子宮にたまった血液が全身に押し出され、その血液が心臓に還り、肺を通って心臓から送り出す血液が増え…と、心臓が余分な仕事を強いられることになります。
心臓に病気を抱える産婦さんでは、もともと心臓の予備力が少ないため、体で使われる酸素の量が肺から補給される量を上回って、呼吸が苦しくなってしまいます。

また、高血圧の産婦さんでは、全身の血管が硬くなって、赤ちゃんへの血液がスムーズに供給されていない可能性があります。
さらに妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)では、赤ちゃんへの血液を送る臍帯という血管が細くなって栄養が行き届かないため、赤ちゃんの発育が悪くなっています。
糖尿病の産婦さんも同じようなことが起きている場合があります。
そこへ陣痛の痛みという激しいストレスが加わると、血管はさらに血液を通しにくくなってしまいます。
すると必然的に赤ちゃんへの血液も送られにくくなってしまうわけです。

このように、特に病気を抱える人にとって、陣痛の痛みは、母子ともに受ける試練なのです。
そのため麻酔薬を使った無痛分娩が勧められるのです。

02 | 2009/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。