スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥーラというサービス

無痛分娩の普及しているアメリカの病院でも、最近の傾向として、局所麻酔による鎮痛方法以外にも分娩中の入浴、シャワー浴やバースボールを使ったリラックス法、ドゥーラを活用する方法などを取り入れるようになってきています。
これは陣痛をやわらげる方法の選択肢を増やして欲しいという産婦の要求に応えるためです。

上記にある「ドゥーラ」は、分娩経過中に産婦のさまざまなお世話をする人で、日本ではまだ一般的ではありません。
ドゥーラとは、出産サポート訓練を受け、経験を積んだ分娩付添人です。
中には看護師としての訓練を受けている人もいますが、たいていは医療的な訓練は受けていないため、医療面でのアドバイスや出産の介助は行ないません。
産婦さんの傍から離れることなく、分娩中の介護や精神的なサポートをしてくれます。
ドゥーラと妊婦さんは、出産予定日より前に何回か会う機会を設け、親しくなり、出産に関する相談に乗ったり、バースプランを立てるお手伝いをしてくれることもあります。
そのため、いざ陣痛が始まっても、その時には互いによく知った仲になっているため、産婦さんは安心して出産に臨めるのです。
何となく、自然分娩の際にお世話になるように感じるかもしれませんが、ドゥーラは自然分娩に限らず、無痛分娩を選択した場合にも、精神的、実務的な支援をしてくれます。

アメリカでは核家族化が進み、身近に分娩中に付き添って支えてくれる人が少なくなったために、このようなサービスが必要とされうまれたのかもしれません。
日本でも里帰り出産が難しい産婦さんなどの支えになるために、このようなサービスが普及するといいですね。

スポンサーサイト

ブログを紹介させて頂きます。

AHL日記
山中湖の生活
アスクルの車
奥利根の生活
東アジアの生活
福岡クラブ
カウンセリング日記
バイオパワー
プチビジネス日記
ルート23
ステレオブック
タフネス生活
チャランゴ日記
ウオチョー日記
雑貨の館

アメリカの産婦さん

アメリカでは、無痛分娩が非常に普及しており、6割以上の赤ちゃんが無痛分娩によって生まれてきます。
産婦さんがわざわざリクエストしない限り、当たり前のように無痛分娩のための局所麻酔が行なわれます。
そのため、ほとんどの産婦さんが医学的な無痛分娩を受けるために「病院」で出産をします。
「病院」では、緊急事態が起きた場合にすぐ対応できる設備やスタッフが揃っていること、ハイリスク産婦の分娩に対応できること、などのメリットがあります。
デメリットとしては、出産時の立会いに制約があること、点滴やモニターリングが行なわれるため分娩中の歩行などが制限されること、などがあります。

またアメリカでも病院以外で赤ちゃんが産める場所として「助産院」があります。
「助産院」では家庭的な雰囲気で、家族に囲まれて出産ができること、薬剤に頼らず自然な分娩を行なえることなどのメリットがあります。
しかし、麻酔を使った無痛分娩には対応していません。
そのため耐えられないほどの陣痛があって麻酔を受けたいと感じても対応してもらえないというデメリットがあります。

アメリカでは病院での出産が一般的である中、自然分娩を志す産婦さんのために、後から「助産院」が設立されました。
これに対して日本では助産院での出産が一般的であったので、アメリカとは逆になります。

分娩をする施設を選択することは、産婦さんが最初に行なう大切な決断です。
日本ではまだ、アメリカに比べ無痛分娩が十分に普及していないため、無痛分娩を希望する産婦さんは、対応している病院を探すのに少し苦労が必要になるかもしれません。

ネットの情報です。

体を伸ばす曲げるを快適にするキャッツクロウを通信販売で購入しませんか?
プラセンタのスノーヴァからスターターキットが販売されていますよ。
夜間頻尿でお困りの方に頻尿・尿漏れ対策のサプリメントを紹介。

ブログの紹介をしています。

ジャカッセ
歯科医の日記
簡単最適化アクセス
コーハン日記
エムクルー日記
ネイルズ
ローヤルの独り言
サマサマカフェ
安子の部屋
ランチタイム
セプトの情報
島村家の日記
新発寒を探索
水源家の暮らし
05 | 2009/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。