スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬膜外麻酔の副作用 吐き気

現在行なわれている無痛分娩は、多くが硬膜外麻酔法です。
「麻酔」は無痛分娩のような出産の場面に限らず、その他の手術や歯の治療などにも使われています。
麻酔を受けた人で、その後に吐き気をもよおした経験のある人もいるのではないでしょうか。
麻酔薬と吐き気はどのように関係しているのでしょうか。

無痛分娩に用いる硬膜外麻酔法では、麻酔法を開始して30分以内の早い時期は血圧が変動しやすく、この時期に血圧が低下すると吐き気が起こりやすいと言えます。
このとき、首の後ろにある脳の一部分の酸素濃度が低下すると、吐き気の症状が助長されます。
逆に言うと、多少血圧が下がっても、酸素が上手に脳まで届いている場合は、吐き気が起こることは少ないといえます。

しかし単純に、薬の量が少ないほど吐き気の症状が少ないというわけではないようです。
薬による鎮痛効果が十分でないときに子宮収縮がおきると、それが誘発となって吐き気を引き起こしたり、分娩にネガティブなイメージを持っていて不安が強い産婦さんでは、分娩すること自体が原因となって吐き気を催すこともあるからです。
また、分娩中の水分摂取が足りない場合や低血糖状態も吐き気を助長します。
子宮の下部が伸ばされると反射によって嘔吐が起こりやすい、とも言われています。
このように自然分娩の場合でも、陣痛のために時々吐き気が起こることがあるのです。
つまり、分娩時の吐き気は麻酔薬の副作用によるものなのか、それ以外なのかは識別するのが難しいのです。
仮に麻酔薬が原因の場合も、一度吐いてしまうとらくになります。
そして分娩後それほど長く続きませんので、その後の育児に影響が及ぶ心配もないといえるでしょう。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。