スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水中出産

妊婦さんがよく耳にする出産方法の中に「水中出産」があると思います。
この方法は、麻酔を使わずに陣痛の痛みをやわらげる目的の、いわゆる代替医療による無痛分娩のひとつです。
日本でも、水中出産を希望し、実際にこの方法で無事に出産をした人は多くいますが、賛否両論あるようです。

水中出産とは、陣痛がピークになってから人の体温程度(35度~38度)の温水をはった出産用のプールに入り、その中で出産する方法です。
自宅で出産する場合は浴槽を使うこともあるようです。
水中出産とは言っても、「医療的な無痛分娩を行いたくない」「自主性を生かしてより自然な出産を行ないたい」というアクティブバースのひとつですので、ずっとプールに入っているという決まりはなく、最終的には自分が快く産むことができる場所や姿勢で出産します。

水の中で赤ちゃんを産むと、赤ちゃんがおぼれてしまうのでは、と心配される人もいるでしょう。
しかし、赤ちゃんはお腹の中にいるときと同じように、胎盤を通じて空気を取り入れていますので、水中で生まれた途端、息ができなくなっておぼれることはありません。
水中出産のメリットとして挙げられるのは、体温程度の温水に入るとリラックスできること、そして陣痛の痛みをやわらげ、スムーズに出産ができることであると言われています。
さらに、パートナーも一緒にプールに入り、分娩のサポートを行なう方法をとっている病院もあり、そこでは夫婦が一緒になって、赤ちゃんの新しい命の誕生を祝うことができます。
デメリットとしては、陣痛の初期の段階からプールに入ると、母体の疲労のために陣痛が弱くなってしまうこともあります。
また、水中でのお産は出血量が増加すると言われます。
さらに、きちんと管理された出産専用のプールを使わずに行なったために、母子の感染が問題になったこともあります。

このように水中分娩ではリスクも少なからず伴いますから、お医師さんや助産師さんの説明を十分に聞き、納得・理解した上で行なってください。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。