スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフロロジー

お腹の中で赤ちゃんを育てている妊婦さんは、一度は「ソフロロジー」という言葉を聞いたことがあると思います。
具体的にはどんなものか知らないけれど、分娩法のひとつで、赤ちゃんかピンク色の肌をして生まれてくるとか…という話を何となく聞いていませんか?

ソフロロジー法は、麻酔薬を使わない無痛分娩、つまり代替医療法のひとつです。
ソフロロジー法では、心と体を訓練することで精神や身体の安定を得るという、東洋的な禅やヨガの様式を取り入れて訓練します。

ソフロロジーの目的は、妊娠中から母性をはぐくみ、出産・育児へつなげるため、すべてをあるがままに前向きに受け入れることです。
「出産は、母親と赤ちゃんの初めての共同作業」「陣痛は、赤ちゃんを生み出すための大切なエネルギー」と、出産に対して前向きに捉えられるように訓練していきます。
具体的には、基本である「あぐら」の姿勢をとり、リラックス音楽を聴きながら、呼吸法の練習をしたり、出産の様子をイメージトレーニングします。
その積み重ねにより、やがて陣痛への不安が、自分に受け入れられるものだという前向きな考えに変わっていきます。

いざ分娩が始まっても、深くゆったりとした呼吸で心身ともにリラックスをはかり、赤ちゃんが自ら自然に出てくる力を生かせるようにします。
そのため、ストレスのかからないピンク色の肌をした赤ちゃんが生まれてくる、と言われているのです。

病院によっては、このような麻酔を使わない無痛分娩法を、和痛分娩と呼んで分けているところもあります。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。