スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマーズ法

ラマーズ法とは、とても知名度の高い出産法です。
ラマーズ法は自然で非医療的な無痛分娩の方法の一つである、という捉え方もできます。
いわば精神予防性の無痛分娩です。

現在のラマーズ法の根本的な考え方は、分娩は正常かつ自然で健康的なものであり、陣痛は分娩を促進するために必要で意味があるものである、というものです。
特に米国でのラマーズクラスでは「陣痛は自然に始まるもの」「分娩中は自由に動き回ってかまわない」「継続的な分娩サポートが必要である」「慣例的な医療介入は行なわない」「出産時には自由な姿勢をとる」「出産後は母子同室で、授乳の制限をしない」という方針を採用しています。
ラマーズ法では、分娩に積極的に取り組む産婦さんの主体性の重要性を強調しており、陣痛が強くなっても快適でいられるように、さまざまな方法を活用することが奨励されています。
また、パートナーが重要な役割を果たします。
パートナーも出産についての知識もち、分娩時の補助動作のサポートをスムーズに行なえるよう、練習を行なっておくことが望ましいです。
必須ではありませんが、できるだけパートナーが分娩に立ち会う方が、産婦さんのリラックスにつながります。

ラマーズ法の一番の特徴とも言えるのは呼吸法です。
分娩の経過や陣痛の強さに合わせて呼吸をすることで、陣痛の痛みを乗り越えます。
よい呼吸法が行なわれると、産婦さん自身がリラックスできるばかりでなく、赤ちゃんにも十分な酸素が取り入れられます。
また、鎮痛薬などの薬剤を使わずに分娩を行なうので、母体や赤ちゃんへの薬の影響を心配しなくてよいのもメリットです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。