スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛分娩における補完代替療法とは?

近年、医療のあらゆる分野において、従来の医療処置に代わるさまざまな手法が盛んになってきています。
出産における陣痛をやわらげる目的でも、たとえば水中出産やアロマテラピーなど、いろいろな手法が普及してきました。
このような手法が従来の医療処置と合わせられたり、代わって用いられることを、補完代替医療を呼びます。

硬膜外麻酔による無痛分娩を望んでいる産婦さんでも、出産時に使える補完代替療法のいくつかを知っておくと、安心して出産に臨めると思います。

補完代替療法は、分娩が始まってから医学的な鎮痛処置を受けるまでのあいだ、陣痛に対処するための有効な手段となります。
そしてときには、この補完代替療法だけで最後まで陣痛を乗り越え、無痛分娩の処置をせずに終わってしまうことも可能です。

しかし一般に、ほとんどの補完代替療法は分娩の痛みを著しく軽減したり、取り除くものではなく、鎮痛効果を唱っているわけでもありません。
痛みのない分娩を行なうためではなく、出産時の痛みに対処するための手段なのです。
陣痛をコントロールするのに用いられる補完代替療法の中には、鎮痛処置というよりも出産哲学といったほうがよいものもあります。
例えば、陣痛を、肉体的にも精心的にも乗り越えるという経験に価値があると考える産婦さんは、たとえ補完代替療法だけでは陣痛の軽減が期待できなくても、鎮痛薬を使わないことに固執するでしょう。
痛みのコントロールという点で、それぞれの補完代替療法の有効性は、産婦さんの痛みの感じ方、陣痛の強さ、準備や練習の程度などのさまざまな要因によって異なってきます。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。