スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻薬性鎮痛薬の点滴・注射による無痛分娩

無痛分娩の主流は「硬膜外麻酔法」ですが、硬膜外麻酔が受けられない医学的な理由がある場合などに、陣痛の痛みをやわらげる無痛分娩の方法として、鎮痛薬の点滴や注射を行なう場合があります。
分娩時に使用される麻薬性鎮痛薬は、たいてい痛みを完全に除去するわけではありませんが、これによって、産婦さんの快適さは改善されます。

投与方法は、多くの場合、産婦さんは水分補給のために腕の静脈か手の甲から点滴が行なわれているので、点滴の管から鎮痛薬を投与します。
点滴をしていない場合は、腕か大腿、あるいはお尻の筋肉に注射をします。
点滴の場合は、薬を投与してから5分くらいで効果があらわれますが、筋肉注射では効き目がすぐにあらわれず、十分に効果があらわれるのに45分くらいかかります。

分娩中によく用いられるのは、オピスタン、モルヒネ、フェンタネスト、スタドールなどの鎮痛薬です。
これらの薬が、母体や胎児にどのような影響を与えるのかは、使用される薬の種類や量、投与のタイミングによって異なります。
母体には、薬の効果が切れるまで、めまい、吐き気、呼吸抑制、かゆみ、排尿困難といった症状が見られる場合があります。
また薬の種類によって、出産後2日間ほど便秘がちになることもあります。
胎児に対する影響は、出産の直前に投与された場合に顕著になります。
それは、胎児が薬を代謝するための十分な時間がないからです。
薬の量が多かったり、投与されたタイミングが出産の時期に近かったりすると、赤ちゃんが呼吸抑制を起こす可能性もあります。
その場合は、麻薬性鎮痛薬の影響を消すためのナルカンという薬を、赤ちゃんに投与します。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。