スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産費用について

妊娠がわかったその日から、お腹の中の赤ちゃんのこと、生まれてからの生活のこと、自分が母親になるということ、毎日が不安と期待と喜びでいっぱいだと思います。
日に日に大きくなるお腹に向かって「早く会いたいね」と話しかける新米お母さんの姿は、とても温かいものです。
しかし「いざ出産」となると、赤ちゃんに会える喜びと同時に「出産費用を用意しておかないと…」というシビアな現実が待っているのです。

実際に出産費用はどれくらいかかるのでしょうか。
一般的に、出産は病気ではないため、たとえ病院に通院していても、健康保険の適応にはなりません。
合併症があって治療をしたり、帝王切開になったりした場合は健康保険の適応が生じてきます。
無痛分娩の場合は、普通分娩の分娩費にプラスされて費用がかかります。

プラスされる費用は、「計画無痛分娩で前日から入院し、いくつかの処置がなされるのか」「それとも陣痛を待って無痛分娩を行なうのか」「またどの麻酔薬を使うのか」「どの器具を使うのか」「麻酔科医がいるのか」「スタッフは何人いるのか」などで変わってきます。
また、個室か相部屋か、LDRを使用するかなどでも費用は変わってきます。
LDRとは、陣痛室と分娩室の機能を一つにまとめた部屋で、この部屋ではベッドが分娩台に変わるため、陣痛が激しい時期に歩いて移動する必要がありません。

無痛分娩で出産した場合にプラスされる費用は、1~2万円の病院から20万円程の病院もあるので、基準がないのが現状です。
各病院のホームページにおおよその費用が掲載されているところもあるので、調べてみると参考になると思います。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。