スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな分娩法

産院によっては、「無痛分娩」と「和痛分娩」という言葉を使い分けて表しているところがあります。
そのような産院では、主に麻酔薬を使って陣痛の痛みを抑える分娩法を無痛分娩と呼び、産婦さんができるだけリラックスすることで出産の痛みをやわらげる分娩法(代替医療)を和痛分娩と呼んでいます。

無痛分娩は硬膜外鎮痛法など、局所麻酔薬や麻薬性鎮痛薬を使って痛みをとる方法です。
和痛分娩には、妊娠中から呼吸法やリラックス法をトレーニングして陣痛の痛みをやわらげるラマーズ法があります。
また、中国の気功を取り入れたリーブ法、心と体を訓練することで、心身の安定を得るという禅やヨガの考えに基づくソフロロジーがあります。
その他、水中出産という方法もあり、これはおふろやぬるま湯をはったプールで出産する方法で、水浮力によって体の緊張をほぐし、リラックスした状態で出産できるというメリットがあります。

無痛分娩、和痛分娩とは別の分娩法として帝王切開がありますが、これは経膣分娩が不可能で母子に危険がある場合のみに、医師の診断によって行われます。

また、分娩法は計画分娩と自然分娩という分け方もできます。
計画分娩は、陣痛促進剤などを用いて人工的に陣痛を起こす分娩法で、それに対し自然分娩は薬などを使わずに自然に陣痛が来るのを待ちます。

これから出産を迎える産婦さんは、いいお産をするために、自分で納得のいく方法を選んでほしいと思います。
取り入れている分娩法は病院によって違うので、どのようなお産ができるのか、産院に質問してみてください。
ただし、帝王切開は医学的な必要性があってするものなので、産婦さんが希望してできるものではありません。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。