スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻酔でお産が伸びる?

硬膜外鎮痛法が麻酔による無痛分娩に有効であることがわかった当初は、痛みを取り除くために、がっちりと麻酔を行なうことが、「無痛で産みたい」と望む妊婦さんの要望に応えるものでした。
ところが、手術に使うようながっちりとした麻酔を分娩のきわめて早い時期から行なうと、分娩に要する時間が延びる可能性もありました。
このがっちりとした深い麻酔は、濃度の濃い局所麻酔を大量に使います。
薬を大量に入れて広範囲の神経をブロックすると、子宮の収縮にも麻酔が効いてしまって弱くなります。
しかし、子宮の収縮を伝える神経は、陣痛を伝える神経より薬に抵抗を示すため、薄い濃度では陣痛だけが軽減され子宮の収縮はあまり影響されません。
硬膜外鎮痛法による無痛分娩が世の中で始まった当初は、濃度の濃い薬を使用していたので、陣痛とともに子宮収縮も弱くなっていたのです。

最近では、局所麻酔薬そのものの濃度も、薄いものを用いても痛みがとれることがわかってきました。
さらに、局所麻酔薬に麻薬を加えることで、局所麻酔薬自体の濃度を下げ、鎮痛効果を維持、改善できることがわかってきました。
したがって、硬膜外麻酔を使うことによって分娩時間が延びる可能性は、ほとんどなくなったといってよいでしょう。

しかし、このような必要最小限の薬を使うためには、産婦さん側の理解も必要となります。
特に「無痛分娩」だからと、まったく感覚がなくスルッと生まれると思い込んでいる産婦さんの場合、子宮の収縮を感じるからといって、もっと麻酔を効かせて欲しいと言われることもあります。
現在の麻酔薬の使用法では、自分の感覚はなるべく残します。
子宮の収縮を自分で感じ、なるべく自分でいきんで赤ちゃんを産んでもらうのです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。