スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)とは?

PCEAとは、硬膜外麻酔による無痛分娩の最中に、自分でボタンを押して鎮痛薬を追加する方法です。
この方法の第一のメリットは、産婦さん自身が薬の投与量をコントロールでき、分娩中の痛みに応じて量を調節できることです。
産婦さんが薬の量をコントロールすると、使用する薬の量が、従来の硬膜外麻酔法に比べて大抵少なくなるそうです。

この方法では特別なポンプ(PCA装置)を使用します。
PCA装置は、担当の麻酔科医によって、陣痛をやわらげるのに必要な量の麻酔薬が注入されるようプログラムされています。
産婦さんがPCAボタンを押すと、必要な量の薬が注入されます。
「誤って大量の薬を注入していまうのではないか」と心配になる人もいるかもしれません。
しかし、薬の量は無制限ではなく、あらかじめ麻酔科医が決めた量しか注入できませんので大丈夫です。

PCEAを開始してから15分~20分で鎮痛効果があらわれ、その後は痛みを感じてボタンを押すと、5分以内に楽になります。
通常、PCEAでは従来の硬膜外麻酔よりも薬の投与量は少ないのですが、鎮痛効果は非常に高いです。
カテーテルの挿入や、分娩中の産婦さんと赤ちゃんの監視も、硬膜外麻酔による無痛分娩の時と同じように行なわれます。
そして回復期のはじめ頃を含めて、鎮痛処置が必要な限り続けられます。
産婦さんかお医者さんがもう麻酔薬をやめてもよいと判断するか、経口鎮痛薬に切り替える時点で麻酔を止めます。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。