スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬膜外麻酔による合併症

麻酔薬を用いた無痛分娩といえば、硬膜外麻酔法が主流となっています。
これは、腰椎の中にある硬膜外腔というスペースに細い管を入れ、麻酔薬を注入する方法です。

この方法を行なうにあたって重大な問題が生じることは稀ですが、針を進める際に誤って硬膜外腔の奥にある袋を傷つけてしまった場合、偶発的硬膜穿刺といって、いくつかの影響が出ることがあります。
もしそれに気付かず麻酔薬が投与された場合、脊髄全体にまで麻酔の効果が及び、呼吸が苦しく感じることがあります。
また、麻酔薬が血管内に入ってしまった場合、めまいや耳鳴りを起こすか、さらに希ですが重症の場合には、呼吸循環不全を起こすことがありえます。
このような合併症が出た場合、早急な処置が必要となりますが、適切な処置をすれば命に別状はなく、後遺症もほとんど残りません。

ほかには「脊髄くも膜下麻酔後頭痛」といわれるものがあります。
麻酔後、数時間して起き上がろうとすると、激しい頭痛に見舞われます。
特徴的なのは、安静に寝ている時はそれほどでもないのですが、急に体を起こすと頭痛がひどくなることです。

それ以外に、体の姿勢とは関係なく起こる頭痛もありますが、これは脊髄くも膜下麻酔後頭痛に比べ症状は軽い場合がほとんどです。
また、硬膜外麻酔による無痛分娩を行なわなくても、出産を終えて家に帰ってみると頭が痛いという人は同じくらいの確立でいるそうです。
こうしてみると、頭痛に関しては、かならずしも硬膜外麻酔のせいばかりとはいえないようです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。