スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛分娩による赤ちゃんへの影響

麻酔を使った無痛分娩を行なうにあたって、やはり心配になるのは赤ちゃんへの影響でしょう。
妊娠中から、お腹の赤ちゃんへの影響を心配して服薬を一切控えていた産婦さんもいることでしょう。

赤ちゃんの体に異常がないかどうか評価するためには「アプガースコア」といって赤ちゃんの心拍数、呼吸状態、筋緊張、皮膚の色、反射をそれぞれ0,1,2点で採点する方法を使います。
また、赤ちゃんの覚醒状態、周囲の出来事に対する的確な反応、無意味な刺激を繰り返した時の反応や総合運動、反射運動などを調べたりして、赤ちゃんの状態を評価します。
この方法を用いて麻酔による無痛分娩で生まれた赤ちゃんを調べてみると、硬膜外鎮痛法が使われ始めた頃は、この評価点数が低いことが報告されていました。
現在は、評価点数が低いとされた薬は使わず、赤ちゃんに影響の少ない薬を使うようになりましたし、複数の薬を一緒につかうことにより一つの薬の使用量も減少したため、赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えてよいかと思います。

また麻酔を使った分娩後の授乳の際に、体に残っている麻酔薬が母乳を介して赤ちゃんへ移行して赤ちゃんが眠ってしまったり、呼吸が抑制されないか心配する人もいるかもしれません。
麻酔分娩を行なった産婦さんの母乳を用いて麻酔薬の濃度を測定してみても、数時間~6時間後ではきわめて少量しか検出されません。
それどころか、痛みによるストレスが軽減されるため、母乳の出がよくなるという報告もあるそうです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。