スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬膜外麻酔による無痛分娩の副作用

硬膜外麻酔による無痛分娩の安全性は確立されていますが、副作用がまったくないわけではありません。
以下に、起こりうる副作用の説明をします。

●かゆみ…特に麻薬性鎮痛薬を脊髄くも膜下腔に用いた無痛分娩の場合に頻度の高い副作用です。
 かゆくなる部位は薬の種類によって多少異なりますが、かゆみは数十分から1時間位で消失することが多く、治療のための薬を必要としない程度です。
 もちろん必要があれば、かゆみ止めの薬もあります。
●低血圧…硬膜外麻酔開始後に血圧低下が起きることがあります。
 その場合、横向きに寝るといった対応をとったり(子宮が血管を圧迫するのを避けるため)、昇圧剤をしようすることもあります。
●発熱…硬膜外麻酔法が長時間にわたると、産婦さんに38℃以上の高熱が出ることがあります。
 しかし熱そのものによって赤ちゃんに異常が起きることはまれです。
●尿閉…尿が膀胱にたまり、尿意はあるのに出ないことがあります。
 分娩が終了すれば、徐々に治まります。
●吐き気…鎮痛法を開始して早い時期は血圧が変動しやすく、この時期に血圧が低下した場合は吐き気が起こりやすいと言えます。
 しかし、麻酔を使わない出産でもよく見られる症状です。
 分娩が終了すれば、長くは続かないので、その後の育児に影響が及ぶ心配もないでしょう。
●アレルギー…麻酔薬が誤って血管内に注入されたり、量が多量になった時などに、耳鳴り、めまい、舌のしびれなどが起きます。
 この場合、適切な処置がされれば命に別状はありません。
 また、重度のアレルギー反応であるアナフィラキシー反応と呼ばれる異常反応がまれに見られます。
 かゆみを伴った赤い斑点が皮膚に生じ、嘔吐、むくみなどを起こし、重症な場合は血圧低下や呼吸困難が生じる可能性もあり、早急な処置が必要となります。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。