スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬膜外麻酔とはどんなものか?

硬膜外麻酔法とは、腰椎の硬膜外腔というスペースに細いカテーテルを留置して、そこから局所麻酔薬や麻薬性鎮痛薬などを投与する方法です。
現在では、硬膜外麻酔による無痛分娩は、無痛分娩のもっとも有効な方法として行なわれています。

硬膜外麻酔は、下半身の感覚を麻痺させることによって、陣痛を軽減もしくは完全に取り除いてくれます。
最初に薬を投与してからおよそ10分~20分で効果があらわれ、薬剤を追加投与することによって赤ちゃんが生まれるまで十分な鎮痛が維持できます。
硬膜外麻酔は、子宮や子宮頸部から痛みの信号が脳に伝わるのを途中で麻痺させて、産婦さんが痛みを感じないようにするのです。

硬膜外麻酔によってどの程度感覚が麻痺するのかは、使用された薬の濃度と量により異なります。
硬膜外麻酔が効き始めると、お腹からつま先までの感覚がなくなったり鈍くなったりします。
子宮が収縮するたびに締め付けるような感覚はするものの、痛みは感じなくなります。
ほとんどの女性が陣痛からは開放されますが、分娩をしている実感は味わえます。

分娩の最終段階では、赤ちゃんを娩出するために、産婦さんがしっかりといきむ必要があります。
産婦さんの感覚が麻痺していると、いきむタイミングがつかみにくいため、この時点で薬の量を減らす対応をとる場合もあります。
一方で、硬膜外麻酔によって陣痛が軽減したおかげで、痛みと戦いながらいきむよりも、より自然にいきむことができた、という産婦さんもいるようです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。