スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻酔による無痛分娩の方法

日本では、陣痛の痛みに耐えて赤ちゃんを産むことがまだ当たり前のように捉えられています。
しかし、必ずしも我慢することが美徳であるのか、と疑問を感じている人がいるのも事実です。
最近では、麻酔による無痛分娩を経験したお母さんからの体験談を聞く機会も増えてきたように思います。

日本ではまだアメリカほど麻酔による無痛分娩が普及していませんが、その主流は「硬膜外麻酔」を使う方法です。
これは局所麻酔の一種で、下半身の知覚神経をブロックし、鎮痛効果を発揮します。
硬膜外麻酔による無痛分娩では、最初に腰椎のなかにある硬膜外腔というスペースに細いカテーテルを留置して、分娩が終了するまでそのカテーテルから局所麻酔を投与します。

そのほかに「脊椎麻酔」を使う方法があります。
これも局所麻酔の一種です。
脊椎麻酔では、硬膜外腔よりも脊髄に近いスペース(くも膜下腔)に非常に細い針で、直接、局所麻酔薬を投与します。
硬膜外麻酔よりも確実な鎮痛効果がすぐに得られます。
脊椎麻酔は主に帝王切開や鉗子分娩などの場合に用いられます。
また「硬膜外麻酔」と「脊椎麻酔」の長所を組み合わせ、併用する方法や、産婦さんが自分で鎮痛のコントロール(薬の投与)を行なう「PCEA(自己調節硬膜外鎮痛法)」といった方法もあります。

無痛分娩の目的での「全身麻酔」は、鎮痛薬や麻薬性鎮痛薬の注射により痛みだけを紛らす方法であって、手術ができるほどの全身麻酔とは異なります。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。