スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分娩の段階

無痛分娩を希望する妊婦さんでも、正しい陣痛の仕組みや分娩の段階を知っておく必要があります。
出産というのは、その時にならないとわからないことが多いのですが、流れを頭に入れておくだけで、自分の今の状況を受け入れやすいからです。

分娩は3つの段階に分けられ、各段階での所要時間は人それぞれです。

分娩第一期とは、陣痛が始まってから子宮口が全開(10cm)になるまでの段階をいいます。
分娩第一期は、3つの段階のうちでもっとも長い時間を要し、短い人では2,3時間ですが、長いと18時間以上かかる人もいます。
子宮口が開き始めてから3,4cmまではゆっくりと進行し、その後、子宮口が開く速度が速くなっていきます。

分娩第一期と第二期の間には移行期があり、この時期には子宮の収縮がさらに強くなり、間隔も短くなるので、無痛分娩などの鎮痛手段をとらない場合は痛みも増します。
移行期は2,3分のこともあれば、2,3時間のこともあります。
この時期の産婦さんは体の震えや吐き気を感じる人もいます。

分娩第二期とは、子宮口が全開してから赤ちゃんが生まれるまでの期間です。
ここでは、産婦さんは赤ちゃんを産道から出すために、陣痛に合わせていきみます。
この期間は2,3分から長くても数時間で、経産婦では短くなるのが一般的です。
この時期の痛みの感じ方はさまざまで、赤ちゃんが産道を通過する際の圧迫感や、骨盤辺りの骨に痛みを感じた、など、選択した鎮痛方法によっても変わってきます。

分娩第三期とは、赤ちゃんが生まれてから胎盤が出てくるまでの期間です。
普通は10分もかからないことがほとんどで、長くても30分程度です。
胎盤は、生理痛ほどの軽い痛みを伴って出てくることが多いのですが、今までの激しい陣痛の痛みとつらさから産婦が解放される時期でもあります。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。