スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰部神経ブロック

陣痛の痛みというのは、よく「痛みが段々下がってくる」と言われるように、その分娩段階によって場所が移動します。
その移動する痛みを、脊髄の近くではなく、離れたところに局所麻酔薬を注入して痛みを止めるというのはあまり効率的ではありません。
(硬膜外麻酔も広い意味での局所麻酔ですが…)
しかし硬膜外麻酔法を用いた無痛分娩が行なえない産婦さん(禁忌症例など)や、脊髄の近くに麻酔薬を入れることに恐怖感を持つ産婦さんで、それでも他の方法で少しでも痛みを止めたいという場合には、陰部神経ブロックという方法があります。

陰部神経ブロックは、産婦さんが分娩台に乗った状態で、産科医が膣と肛門の間に分布する神経に皮膚から局所麻酔薬を注射する方法です。
とても痛そうな処置のように聞こえますが、陣痛の最中のためか、実際はそうでもないようです。
これにより、娩出時の痛みや会陰切開の痛みがやわらぎます。
陰部神経ブロックは、子宮の中の知覚神経に作用するわけではないので、子宮収縮による痛みを緩和することはなく、膣や直腸付近の感覚を麻痺させるだけです。
そのため、効果を示すのは分娩の後期だけですが、硬膜外麻酔による無痛分娩のように「力が入らず、いきむのが難しい」ということはありません。
また、あまり多くは行なわれませんが、分娩前半の子宮口が開くまでの間の痛みに対して、傍頸管ブロックという方法もあります。
こちらは、子宮の出口外側の部分に数箇所、膣の内部から局所麻酔薬を注射します。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。