スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻酔薬による無痛分娩が医学的に勧められる症例

最近、もともと心疾患や糖尿病などの病気を抱えている産婦さんや、妊娠中毒症などの産婦さんにも、医学的適応から、麻酔薬による「無痛分娩」を勧める場合があります。

分娩が進んでお腹が痛んでくると、血液中にカテコラミンという物質(痛みというストレス時に発生)が増え、脈が速くなり、血圧が上昇します。
さらに子宮の収縮時には子宮にたまった血液が全身に押し出され、その血液が心臓に還り、肺を通って心臓から送り出す血液が増え…と、心臓が余分な仕事を強いられることになります。
心臓に病気を抱える産婦さんでは、もともと心臓の予備力が少ないため、体で使われる酸素の量が肺から補給される量を上回って、呼吸が苦しくなってしまいます。

また、高血圧の産婦さんでは、全身の血管が硬くなって、赤ちゃんへの血液がスムーズに供給されていない可能性があります。
さらに妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)では、赤ちゃんへの血液を送る臍帯という血管が細くなって栄養が行き届かないため、赤ちゃんの発育が悪くなっています。
糖尿病の産婦さんも同じようなことが起きている場合があります。
そこへ陣痛の痛みという激しいストレスが加わると、血管はさらに血液を通しにくくなってしまいます。
すると必然的に赤ちゃんへの血液も送られにくくなってしまうわけです。

このように、特に病気を抱える人にとって、陣痛の痛みは、母子ともに受ける試練なのです。
そのため麻酔薬を使った無痛分娩が勧められるのです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。