スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バースボール

分娩を行なう病院では、分娩時にリラックスして過ごすために産婦さんが使う「バースボール」というものが置いてあるところがあります。
このバースボールも、麻酔薬による無痛分娩の代替医療として取り入れられています。

バースボールとは空気で膨らんだビニール製の大きなボールで、フィットネスクラブやジムで見かけるものとよく似ていますが、きちんと出産用に作られています。
従来、理学療法士によってリハビリテーション療法に使用されていたのですが、最近では分娩時にも使用するようになってきました。

陣痛時に産婦さんがその上に座ると、揺れて体重移動がらくにできるようになります。
バースボールを使用することで、ベッド上や座っているときにはできなかった楽な姿勢をとることができます。
弾力のあるボールに座ることで、会陰部にかかる圧力も少なくなります。

バースボールは、これと決まった使い方はないのですが、上に座るだけでなく、よつ這いのような格好でボールに寄りかかり、ボールを抱きしめるように使う産婦さんもいます。
こうすると、腕や手、膝の緊張が軽減されます。
しゃがんだ姿勢をとる場合にもボールが支えになってくれます。
歩き回っても陣痛が楽にならないときは、バースボールを試してみるのもよいでしょう。
ただ、バースボールは姿勢の変化には柔軟に反応してくれますが、安定性がなく転がりやすいので、ボールに座って揺れている間は、バランスを崩さないよう、誰かに近くで支えてもらうほうが安全です。

また、硬膜外麻酔による無痛分娩を行なっている場合でも、運動神経麻痺が軽ければ、誰かの手を借りてボールを使い続けることもできます。
使い方が簡単で副作用がないところもバースボールのよいところです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。