スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛分娩の体験談

有名人が無痛分娩で赤ちゃんを産んだ、という話が持ち上がったりして、無痛分娩という出産法があることは広く知られてきました。
自分が妊婦でなければ「そんな方法もあるんだ」くらいで終わりますが、もし妊婦さんであるならとても興味のある話だと思います。
あの不安でたまらない陣痛の「痛みが無い」というくらいの方法ですから。
現在、硬膜外麻酔法という無痛分娩が一般的ですが、これは、陣痛に苦しまずに出産するためにはとても効果的であるといわれています。

しかし、実際の体験談を聞くと、単純に「痛みを感じずに赤ちゃんを産むことができた」という話ばかりではないようです。
たしかに、「楽だった」「程よい痛みが残っていて、産んだという実感が味わえた」などの意見もあります。
以下にいくつかの体験談を紹介します。

「背中に打つ麻酔の注射はとても痛いと聞いていましたが、チクッとしただけで思ったより痛さはなかったです。」
「自分では全くわからなかったのですが、陣痛の間隔が短くなっていたようで、お医者さんの合図で無事に出産することができました。」
「無痛=全く痛くないと思っていましたが、陣痛の痛みをとるために背中から管を入れるための注射が、大暴れするほど痛かったです。」

無痛分娩を終えての感想はさまざまで、分娩の時期を迎える前に、どの程度、無痛分娩に関しての知識と理解があるかにもよるようです。
お医者さんから正確な情報を得て、広く体験談を聞き、自分の出産をイメージしておくとよいかもしれません。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。