スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマセラピー

アロマセラピーとは、治癒を求め、心と体のリラクゼーションを助長する目的で、芳香植物の根や葉、花から抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使用することです。
これは、からだが本来持っている自然治癒力を高めるための、自然療法の一つです。

アロマテラピーが分娩に用いられるようになったのは最近のことですが、麻酔薬による無痛分娩の代替医療として、妊婦さんに人気があるようです。
陣痛時や分娩時の状況に応じて、アロマセラピーを取り入れる病院が増えています。

アロマセラピーはおもに、オイルをマッサージしながら皮膚に塗る方法と、エッセンシャルオイルの香りを吸い込む方法の2つがあります。
一部のエッセンシャルオイルはリラクゼーションを高め、痛みを緩和する効果があると考えられています。
気持ちを静め、心地よい気分にさせてくれる特性が、ポジティブな感情を引き起こし、それによってリラックスできるのでしょう。
麻酔薬を用いた無痛分娩のような直接的な鎮痛効果がなかったとしても、アロマセラピーは不安を鎮め、陣痛をうまく乗り切るのに役立ちます。

分娩時によく使用されるエッセンシャルオイルの種類と効果を以下に挙げてみます。
●ラベンダー…不安を鎮め、リラクゼーションをもたらす。
●フランキンセンス…心を落ち着かせ、深い呼吸を促す。
●ベルガモット…不安を軽減させる。
●ペパーミント…吐き気が抑制できる。
●ローマンカモミール…気持ちを静め、眠りを促進します。

オイルの種類によっては血圧を下げる作用があるものもありますので、分娩時に使用したい場合は、お医者さんとよく相談する必要があります。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。