スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分娩における鍼治療

「産婦人科+鍼灸治療」というと、逆子治療や不妊症、生理痛の治療などがよく知られています。
鍼やお灸で本当に治るのか、疑問を持つ人も多いと思いますが、特に逆子治療などは短期間で効果があらわれ、実際に施術を受けた妊婦さんは驚いています。
また逆子などの問題がない場合でも、安産に向けてお腹(子宮)をやわらかくするために、妊娠期間中から鍼灸療法を取り入れる病院もあります。

鎮痛法としての鍼療法は、おもに慢性的な痛みの緩和を求める人たちに多く用いられていて、分娩時の痛みの緩和(無痛分娩)を目的として使用される例はまだ一般的ではありません。
しかし、妊娠以前に他の症状で鍼治療を受けたことがある女性や、副作用の少ない無痛分娩法を望む女性から支持されている方法でもあります。

鍼療法は中国で古くから治療に用いられた手法で、熟練した鍼師が細くて長い「鍼」をからだのさまざまな部位の皮膚に刺します。
「鍼」がどのように効くのかは、まだはっきりとわかっていませんが、一説では、「鍼」の刺激によって、痛みを緩和する働きのあるエンドルフィンという化学物質が筋肉や脳に分泌されるといわれています。
こうした内因性の鎮痛物質であるエンドルフィンの分泌によって、陣痛の痛みもコントロールできるのではないかとされています。

陣痛が始まったら、なるべく早い時期から鍼療法を始めると効果的であるとされています。
陣痛時に鍼を刺すポイントは、腕や脚、耳、手、足首、腰などにあります。
鍼を刺す時には、ほとんど痛みを感じないか、感じてもわずかな痛みです。
通常、鍼は15分~40分ほど刺したままにしておきます。
十分な鎮痛効果は期待できないにしても、鍼を打つとリラックスできたとか、エネルギーがわいてきた、という人もいます。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。